布で帽子を作ってみた

先日メンバーのHirokoさんに送っていただいた型紙で、夏用の帽子を作ってみました。

私の頭のサイズがきっちり図って56cm、型紙が56㎝用でしたので、サイズ確認のために今回は安い布を買って作ってみようと思い、Kingstonにある激安布ショップにいって、あまり厚くなく、パリッとした生地を探し、その中で一番安かった1m£2.89の布を買って試作品を作ってみました。
IMG_20171103_124359458_HDR

型紙は『リバーシブルハット』とというデザインなんですが、今回は表裏同じ生地で作りました。

サイズ確認が目的なので細かいところは気にせず、つれちゃった部分もそのままで完成。結果、超フィット、もう1㎝余裕が欲しいところです。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

Advertisements

これに行くと秋

10月12日、アレクサンドラパレスで行われたKnitting & stitching showへ行ってきました。開催期間中の木曜日の午後3時からのチケットはいつも割引になるので、この日もそれを利用して、Marikoさん、そして新メンバーのKさんと一緒に見学。Kさんは全くの編み物初心者で、この冬からチャレンジです。

今月になって、どうも体調が思わしくなくなかったところに風邪をひいてしまって、私はあまり意欲的に見て回れなかったのですが、全体的に今年は毛糸のブースが少ないなという印象を受けました。

相変わらずBlack sheepさんの投げ売りのあったのですが、

IMG_20171012_165541465

いまいち好みの色が見つからず、Dropというメーカーの毛糸をメインに売っているBlack birdさんというお店で8玉買ったのですが、うちに帰ってなんでこれを買ったのだろうと後悔しちゃってるので、どんな毛糸を買ったかは心の整理がついたらご紹介します。

会場を見て回って思ったのですが、羊毛フェルトが人気なようで、展示作品にもこんなものが。

IMG_20171012_162707113

秋ですね。毎年、このショーに行くともう秋だなと思わされます。

こちら、今回の戦利品。大好きな毛糸のメーカーDebbie Blissさんのブースで売っていたこれ。

IMG_20171021_132140513

今回の風邪、もしかしたらインフルエンザだったかもと思っています。とにかく全身の関節が痛く、熱が39度まで上がりました。NHSのホームページで症状を見たらほぼあっていって、じゃぁ受診しなくちゃいけないのかと思ったら「うちで療養しろ」とアドバイスがあったので(笑)、そのとおりにしました。39度になったとき、寒気がしたので掛布団三枚かぶって寝たら翌朝37度まで下がり、ウイルス死んだなという感じがしましたよ。

季節の変わり目ですので、みなさんも体調管理には気を付けてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ドロちゃんと、とろちゃん

土曜日、買い物から帰ってきたら、ドロちゃんととろちゃんが微妙な距離を保って見つめあっていました。ドロは私にフレンドリーで、近寄ってきてミャーミャーいってましたが

IMG_20170923_145906544

とろは「ねえさん、あんたそいつの味方なんだな」といわんばかりに、私から距離を置いて近づいては来ませんでした。

IMG_20170923_145828630

そしてドロが私についてフラットのほうへ移動したら、とろもあとからゆっくり近づいてきて、それを見たドロが木の陰に隠れて、ちかづいてきたとろに猫パンチを食らわせました。

IMG_20170923_150011500

ドロのこんな姿、初めてみました。でもこのすぐ後に、

IMG_20170923_150020300

ドロは転がってとろにおなかを見せており、とろは「なんだこいつ!?」という顔をしてみておりました。

やっぱりドロは単にとろに遊んでほしいのだけれど、とろはその気じゃない、それでしつこくちょっかい出しているんじゃないかと。空気読めない系なのかも。

このあと、ドロは私についてきて、またエレベーターに乗って部屋まで遊びに来ました。

IMG_20170923_150659505_BURST000_COVER_TOP

帰りに、エレベーターから降りたドロが一目散に走って、トロのフラットの玄関先にいって、とろ用に準備されていたカリカリを食べ始め、これはいかん!とドロを抱き上げて外に出しました。

そこにはまだとろがいて、またもやドロはとろのあとをつけてやぶの中に。とろにとってドロはストーカーなのかも。

IMG_20170923_150201676

とろ「かんべんしてくれやー」

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

コンウォールに行ってみた

先週、日本から遊びに来ていたYukiさんと3泊4日の日程でコンウォールへ行ってきました。初日、電車が2時間遅れるというハプニングに遭遇し、Penzanceについたころにはもう薄暗くなっていて、17時にはほとんどの店が閉まってしまって、夕食もテスコでサラダとカップスープを買って済ませました。

翌日はコンウォールエリア乗り放題のバスチケットを買って、約3時間かけてEden Projectを見に行ってきました。

IMG_20170911_132439540

このバイオームと呼ばれるドームの中には世界中の植物が栽培されておりまして、Kew Gardensの温室の巨大版といったところでした。残念だったのは、このプロジェクトの概要を展示している展示館がリニューアルのために閉鎖になっていたこと。

この施設内でワンプレートランチのようなものを食べましたが、サラダが非常においしかったです。バイオーム内でバオバブジュースというのが売られていて多少興味をそそられましたが、飲んでいる子供たちの表情を見たらかなりまずそうだったのであえて挑戦せず。

その翌日は、1人の英国人女性が庭師の助けを借りながら50年かけて作り上げたMinack Theatreを見学。崖に作られた野外劇場です。

IMG_20170912_113041819

そして、ここから海岸沿いに崖の上を歩いて、英国の最西端、Land’s endへ向かったわけですが、

IMG_20170912_121244669

思いのほか遠くて、途中で挫折してバスで行くことにしました。田舎の地図をなめたらいけませんね。予想よりずっと長い距離を歩くことになりかねません。今回も途中で遭難したかと思いました。

さてこちら、やっとたどり着いたバス停の横にあった無人野菜販売所。

IMG_20170912_133432583

庭でとれたであろう小さなイチゴや、アヒルの卵なんかもありました。こういうの、うちの近くにあったらいいですよねー。

さて。目的地のLand’s endですが、噂には聞いていましたが非常に商業化されていて、ちょっとがっかり。

IMG_20170912_140358443

この後バスでSt.Ivisへ向かったのですが、かなりひどい雨にやられて、町では小さなカフェでクリームティをいただいただけで観光はせず。ロンドンでも食べられますけど、やっぱり現地で食べるクロテッドクリームはおいしかったですよ。

そして宿があるPenzanceへ戻ったわけですが、バスの運転手さんが20歳そこそこのとってもクールビューティな女性で、強気な運転が印象的でした。たまにバス停で時間調整をするとき、コカ・コーラをくいっとあおっておりました。

Penzanceへ到着し、せっかく港町に来たのだからと、暴風雨の中、宿おすすめのパブを探しに。もうこの暴風雨加減が、前に進めなくなるくらいで笑えました。寒くなかったのが救い。やっとの思いでそのパブについたのに、そこにはスタッフ不足により営業できないという張り紙が・・・。それで近くの時代遅れ感満載の海が見えるホテルのレストランへ。

そこで私は鯛の姿焼きと付け合わせでサラダを注文したのですが、20分くらいして「今日は鯛がありません。スズキでもいいですか?」と言われ、スズキがあまり好きじゃないので、ちょっと値段は高いですがレモンソール(カレイの一種)のクリームソースに変えました。本当は塩焼きがよかったんですけど。

それで出てきた料理を見てびっくり。肉厚の大きなレモンソール2枚がお皿の上に!もうこれは一種の漁師料理!?それに、この料理にはついてこないはずのサラダとチップス(フライドポテト)まで供されまして、さすがに食べきれず、Yukiさんにも少し手伝ってもらいました。それで料金は最初に注文した鯛の姿焼きと同じだったので、良心的なレストランだったと思います。他のお客さんのお皿も見てみましたが、みんな大盛りでだされていたので、そういうレストランなのでしょう。

そして最終日、こちらのSt. Michel’s mountへ。といっても島へは渡らず、対岸から眺めただけですが。

IMG_20170913_112806122_HDR

干潮の時は歩いて島に渡れるそうですが、この日はみんなボートで渡っていました。私たちは帰りの電車の時間があるのと、風が強くてボートで酔いそうだったので無理はしませんでした。

コンウォールの印象は、とにかく人が親切で純朴な感じだったことですね。たださびれた感じの小さな町も多く、みんな仕事はどうしているんだろうと思ったり。でもどんな小さな町でも獣医とペットショップ(ペットを売っているのではなく、ペット用品などを売っている店)があったのも印象的でした。

コンウォール - ロンドン間は電車で約6時間ですが、行きも帰りもYukiさんと仕事や人生の話などしていたらあっという間でした。Yukiさん、お疲れさまでした!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ポッシュな毛糸屋さん

先日、メンバーのひろこさんとエンジェルにある毛糸屋さんloopに行ってきました。数年前に一度行ったことがあるのですが、そのときはもっと雑然としていて、当時のオーナー(だと思う)の男性が東急ハンズについて熱く語っていたのが印象的でした。今のお店はちょっとしたギャラリーのようでした。

IMG_20170811_111200513

お店の方が気に入っている作家さんの作品がいくつもありましたし、

IMG_20170811_112852982

ディスプレイの仕方もステキです。

IMG_20170811_111214944

全体的に細い糸が主流で、名前が日本っぽいものが結構ありましたが、作られたのはドイツというのが多かったように思います。これもドイツの製品。

IMG_20170811_112052499_HDR

最近靴下編みにはまっているひろこさんはここで靴下用の毛糸をご購入。

そのあと、布屋めぐりをしたのですが、ケンジントンにある、リバティを主に扱っているお店にも行ってみました。

IMG_20170811_163203126

いわゆるちょっとキモカワなパターンもありましたよ。

IMG_20170811_164512077

(写真はすべてお店の許可をいただいて撮影しております)

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

お上手!

先日、メンバーのEさんからこんな素敵なものをいただきました。実はこれ、E さんのお母さん作。

IMG_20170725_075107718

IMG_20170725_075212040

Eさんのお母さんは編み物縫いものがお上手なだけでなく、こんな素敵な絵まで描けるんですよ。さしこの布巾もいただきました。

IMG_20170725_075003221

もったいなくて使えそうにありません。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村